白夜極光:良い子や…

白夜極光_いいこや
 主人公の友達であり親である巨像は、空を飛ぶ移動戦艦である。その物珍しさから乗りたがる人は多く、また、主人公自体が暗鬼という強大な敵を打ち倒すためにとにかく強い仲間を求めている事もあり素行に関してはあまり褒められたものでは無い。失礼を通り越して攻撃的な態度を取る物も多く、好き放題に暴れている者も多く、巨像が破損することもある。

 そんな中でこのレヴィという子は、暴れん坊として知れわたっているが主人公の事を信頼してくれている。むしろ穏やかになっているという程である。画像のように巨像でも馬鹿にされることはあるそうなのだが(子供であるし、元の腕は無くなっているし、顔には大きな傷跡がある)、喧嘩はほとんどしていないようだ。

 キャラクターとしては、斜め方向にも通常攻撃が出来、長期戦になるほど攻撃力が上がる。
 斜め方向にも通常攻撃が出来るキャラとしてはサメジマ(初めてのイベントで追加されたキャラ)もいる。属性が異なり、雷・水という事で初期キャラのバイスと相性がいい。秘境探索(レベルが揃えられるダンジョン。敵が強めに設定されているが、特別な効果が付与される聖遺物を入手すると通常の戦闘より有利になる)では「通常攻撃時追加攻撃を与える」事が出来る聖遺物が入手できるので、その時に斜め攻撃可能キャラは有利に立ち回れる。
 長期戦程強くなるキャラというのは初めてで、最終的には特別な条件を揃えなくともスキル1回で2万、3万のダメージを与えることが出来るようになる。2Waveよりも多いWave数の戦闘や、何ターンもかかる戦闘で本領発揮。もし3ターン以内に終えたいなら別のキャラを使う方が良い(AUTOならなおさらである。ナミシス、バイスのような連携スキルで距離不問のスキルを使えるキャラなどが個人的お勧め)。
 全てのキャラが持っている能動スキル(一定ターン経過後にプレイヤーの判断で使えるスキル)や、連携スキル(一定数のパネルを踏んだ時に自動で使うスキル)はやや使い勝手が悪い。
 能動スキルは、上下左右から方向を選び、そちらの方向に幅3マスの範囲攻撃を行う。多くの敵を巻き込めそうな便利なスキルなのだが、敵にあたる度ダメージが下がるという問題がある。長期戦だと攻撃力が上がるのでデメリットも無視できるのだが、普段の戦闘ではあまり強みは無い。
 連携スキルは、上下方向限定で範囲ダメージを与える(ゲーム開始から条件を満たす事でもらえるダイナと同じスキル)。便利なこともあれば全く敵にあたらない事もあるが、基本的にボスには当てやすいスキルである。
 これらのスキルの一番の強みは、発生・終了が早い事だろう。こういう部分でも主人公のためになりたい、手助けをしたいという良い子ちゃんぶりが現れている。

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

wasiblog001

Author:wasiblog001
 おおよそ毎日午後5時30分に、アークナイツの家具の翻訳(原文からの翻訳)を更新!

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

今までに訪れた人(合計)

検索フォーム