私的メモ:続・火狗工房とサクセス

※今回の内容は、かなり入り込んでいる。なんで入手出来たかって?そりゃ直接ガブリエル氏に聞いたのよ。

 『Steam』で配信されている『愛神餐館MAX(日本版のビストロ・きゅーぴっとをに更に追加キャラがいる)』および、『愛神餐館2』は、きちんと火狗工房が使用許可を得たデータのみで構成されている。
 なので、『XBOX』版には合ったC.VがMAXの方には無い。2にあるのは、日本での販売時に得たロイヤリティで使用権を買っているためである。(ではなぜ星界之梯asのネメシアにボイス無いの?と思うのだが、利用の範囲が決まっているからなのだろうか?)

 ほんまPに対し、火狗工房はお世話になっていた。そのため、『緋雪千夜』の日本版リリース時をしたかった時にお世話になりたかったのだが、2006年以降は出会っていないようだ。ちなみにこの時のほんまPは、『アカイイト』や『アオイシロ』の開発で忙しい。
 『星界之梯as』の日本版リリースの際にもサクセスの社長にメールは送ったそうなのだが、レスポンス(返答とか返信とか)は無かったとのこと。英語で送ったのだろうか?それとも繁体中国語なのだろうか?そして、秘書がやらかしたのか、社長本人がミスったのかは気になる。

 『星界之梯as』の現状は、アップデートの速度が異常に遅い事、基本的に画像使いまわしがある事から分かるように、維持だけで精いっぱいである(主に費用の面で)。頑張るのだが、あまり期待してはいけないとのこと。
 戦闘system、リリース2年間の戦闘バランスは神がかっていたので、その部分だけ取り出して作り直せばと思わなくもない。しかし、そこに振り分けられるリソースが無いのだろう。

 その裏で行っているのは、ビストロ関係の新作?2作品のリリースに向けた開発と、CEOのスキャンである。CEOの場合、手術が必要だと200,000HKドル(日本円換算で、約350,000円)必要になる。

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

wasiblog001

Author:wasiblog001
 おおよそ毎日午後5時30分に、アークナイツの家具の翻訳(原文からの翻訳)を更新!

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

今までに訪れた人(合計)

検索フォーム